忍者ブログ
千葉県印西市に住む主婦が、何とか市内でも自給エネルギーを持てないかなと考えて学ぶブログ。情報集積、学習日記です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<<8.サンチョ・パンサの故郷

9.百姓に未来がある

日本で足利の世が続く頃、16世紀初頭、ヨーロッパは、ルネッサンスを経て大航海時代の真っ只中にありました。その頃、あるユニークな文学が作られました。アメリカ大陸の発見者といわれるアメリゴ・ヴェスプッチの船団に加わっていた一人が語るある国の物語です。その物語の中で、次のような紹介がされています:

この国では農業が、男女の別なく全ての国民に共通な仕事となっています。子どものときから農業について教えられ、誰もが農業に習熟しています。農業の他にも、いろいろな技術を習得しています。毛織、亜麻織、石工、鍛冶、大工などの技術です。衣服はすべて家庭で作られるので、仕立屋はありません。30世帯に一人の家族長という役が選ばれ、その任務は、怠けてぶらぶらしている人間がいないよう、だれもが仕事に精を出すよう、また、働きすぎて疲れ切ってしまわないよう注意し監督することにあります。

国民は、一日、わずか6時間を労働にあてるに過ぎません。午前中3時間働き、昼食後は2時間の休息と3時間の労働、夕食後、1時間は音楽をしたり、高尚な議論に費やし、楽しい時間を持ちます。夜8時頃には就寝し8時間の睡眠を取ります。空いている時間は各人が職務から解放された貴重の時間とこころえ、自分の好きな何かほかの有益な知識の習得などにこの時間をあてます。たとえば、毎日、早朝には講義が行われ、これに出席の義務があるのは学問研究のために選ばれた人たちだけですが、あらゆる種類のおおぜいの人がこの講義を聴きに集まって来ます。

6時間の労働で、必要な物資が生産されるかといえば心配はいらず、むしろ多すぎるくらいです。考えて見て頂きたい、他の国では、いかに多くの人間が遊んで暮らしていることか。多くの金持ち、紳士、貴族とよばれる連中、聖職者や無頼漢、乞食などがそれであり、実際に働いている人間は意外と少ないのです。金銭が全てを支配しているところでは、ただ奢侈、淫蕩な生活の要求を満たすために余分な職業がたくさん必要となってくるのです。そうした人間も有用労働に参加すれば、わずかな労働時間で十分まにあうはずなのです。

ほかにもこの国について多く紹介されていますが、上とは別の面でおもしろいことを紹介していますので、ほんの少しだけ:

この国の人々は戦争を大いに嫌っています。戦争で得られた名誉ほど不名誉なものはないと考えているのです。男女とも軍事訓練に励んでいますが、それは自分と自分の国を守るためであってそれ以外に戦争はしません。周辺で戦争ともなれば、この国は資金援助はするが決して兵隊は送りません(どこかにも、こんな国があります)。

お気づきの方もいらっしゃいましょうが、この物語は、トマス・モア「ユートピア」です。当時の知識で、よくぞこれだけのことを考え出したものか、と感心させられますが、現代の時点で未来社会をこのように描くことも可能なように思われます。トマス・モアは、その時代の百姓を日頃みていて、そこからこのユートピアを考え出したのではないでしょうか。当時の百姓の日常の中にこうした要素が眠っているとみたのではないかと想像します。つまり、どの時代にも、百姓ほど、人間の本質的特性を体現するものはいない。未来も、百姓のなかにある、と思えませんか。

おわり







 
PR
<<7.百姓と労働者

8.サンチョ・パンサの故郷

本稿のはじめのところで、百姓の有り様は、洋の東西を問わず変わらない、と書きました。江戸時代に当たる時期、ヨーロッパでは、西洋近代文学が成立したといわれています。初期(16~17世紀)には、シェークスピアが活躍し、セルバンテスが「ドン・キホーテ」を書きました。ゲーテ、プーシキンの時代は、18世紀初頭でした。19世紀になるとフランスでスタンダール、バルザック、モーパッサン、ゾラなどの文学が花開きます。何を言いたいかといえば、それらの作品に結構、当時の百姓が登場するのです。西洋近代文学は、ルネッサンスを経て人間を描くことに大きな特徴をもちます。すなわち、百姓とその生活もしばしば描かれることになるわけです。

セルバンテス「ドン・キホーテ」では、スペインはラマンチャのさる村に住む一人の郷士が、中世の騎士道を17世紀に呼び戻すべく、みずから遍歴の騎士となって、正直者で、ひどく脳味噌の足りないサンチョ・パンサを伴い冒険に出かけます。その途中、当然、いろいろな村々を舞台にして活躍するわけで、それらの村や百姓の姿が事細かに描かれます。それを紹介するのは大変です。そこで、当時の村がいかに心落ち着く住み良いところであったかを忍ばせる台詞を紹介することとします。

「ドンキ・ホーテ」の最終盤、サンチョ・パンサがある島の太守となったところで、敵襲を受けさんざんひどい目に遭います。そのあと、しょんぼりして自分のロバのところに帰ってきて涙を流しロバに語りかけます。「わしが太守などという野心を抱いたのは間違っていた。わしの魂の中には何千という悲しみと苦労と不安が入ってくるばかりだった。おまえと仲良くやっていたときは、まったく来る日も来る年も仕合わせだったよ」と反省の弁です。つづけて「太守などやってるよりか、耕したり、穴掘ったり、ぶどうの木の剪定したり、挿し木をしたりすることの方がわしにゃよっぽどわかってるだ。めいめい生まれついたままの仕事をしているのがいちばん似合うってことでがす。夏は樫の木陰で横になり、冬は子羊の毛皮にくるまって自由にしてたほうがよっぽど性に合ってるだ」といって、村に帰ってゆきます。ドン・キホーテさえも、村で牧人になろうというわけです。






 
<<6.九公一民

7.百姓と労働者

ここまで、歴史上、百姓が村の中でどんな仕事をしていたかをごく大雑把にみてきました。大雑把ではあっても、多分、江戸時代の百姓と村の大事なところは見ることができたと思います。

それらを網野学説によってみてきたのですが、具体的な様子は、時代小説でもしばしば描かれます。たとえば、藤沢周平「漆の実のみのる国」などでは、上杉鷹山治下の米沢藩の状況をかなり具体的に見せてくれます。ドキュメンタリーでは渡辺京二「逝きし世の面影」が、外国人の目から見た江戸時代の百姓のありさまを紹介してくれます。

職業はいろいろだったのですが、百姓は、生活を豊かにする術を心得ていて、いろいろな技術を駆使して多様な生活を営んでいました。家を作るには、要所で専門家の世話になったとしても、茅葺屋根の葺きかえは村中総出でやるし、普段のメンテは皆、自分でやりました。男は誰も大工っ気と○気は必ずあったのです。生活用具も自賄いがけっこうありました。草鞋、縄、籠、灯り、おもちゃなど、皆、自分で作ってました。自家用の野菜や果物など、農人でなくとも作る家が多かったようです。

それらをみて、私がもっとも強く思うことのひとつは、いわば、時間がゆったり流れていたことです。上でにみたように、村においても分業はかなり進んでいましたが、それぞれが己の持ち場で己の仕事をきちんとしつつも、ゆったりとした毎日を送っていたようです。夏場には、昼寝をしたり夕涼みをする時間がけっこうあって、体力の回復を図っていたようです。共同体の中でも、祭りなどいろいろな行事を皆で取り組み、仕事以外のことで、年中、何だかんだと忙しかったようです。

これは、生産力に応じた物と時間の流れがあったということで説明できそうです。現代は、物と時間の流れ、すなわち生産力が、その当時に比べ何十倍も何百倍も大きくなっていて、それがつまるところ長時間過密労働となっているのです。ここで、大事だと思うのは、元々、百姓は、時間的に余裕があったということです。その時代に合った生産をするのに、現代ほど長時間働かなくても間に合っていたということです。これが、本来の百姓と、多くが百姓の成れの果てである現代の労働者との決定的違いなのです。







 
<<5.村は農村か

6.九公一民

さて次に、年貢、つまり税金のことです。

先の輪島の場合、年貢の税率は88%だったといいます。年貢は、石高を基準にしていました。太閤検地以来の伝統でしょうか、検地により田畑や屋敷などをすべてコメの量で換算評価し、税率を決め年貢を徴収していました。輪島は、都市ですから石高は少ないのですが、加賀藩は、輪島にほとんど「九公一民」の年貢を課していたわけです。

なぜ、こんなに高い税率になったか。百姓が、商工業、海運などで巨利を得ていることを前提にしたから、と考えられています。商売による利益は、現在と違って消費税を掛けるほどに商業システムが完成していませんから、課税しにくかったようです。そこで、土地に課税したというのです。百姓側でも、それを心得ていて、全く文句をいわなかったそうです。こうした高率の年貢があちこちで行われていたのですが、そうした実態があったのです。

村=農村だとしたら、そんなことはできなかったはずです。村の中には、農業中心の農村もありましたが、都市もたくさんあったのです。百姓がいろいろな職業をになっていたのです。

ところで、年貢は、歴史上、律令制の下での租庸調といった公課制度と違って、厳密な概念といえないところがあるようですが、史料初出は11世紀末期とされているとのことです。年貢とよばずとも、租庸調の特に租は、口分田を始め田から徴税されていましたから、大化の改新の時代にさかのぼるわけです。吉川弘文堂の日本史年表で見てみましたところ、三世一身法が723年、墾田永世私財法が743年ですから、白鳳、天平の時代から、百姓はしっかり税を取られていたわけです。

その時代、献上の仕きたりがいろいろあったようで、年表を見ると、「越国、燃土と燃水を献上」「対馬、銀を献上」「陸奥小田郡に産せる黄金を献上」とかが並びます。租にしてからが、共同体成員が田の収穫の一部を初穂として首長に貢納する初物貢納儀礼が稲の収取体系へと転化し、律令制のもとで租税とされた、ということですから、貢納の習慣が、税を生んだわけで、当時の権力が、権力行使を盤石とするために共同体の習慣を利用したということのごとしです。

百姓は、こうしたことで時の権力者を下から支えたわけですが、歴史の中で、不可欠の支え役が、その役に見合うだけの分け前を十分に得られたかといえば、しばしば不十分であっただけでなく、時に不条理でさえある状況におかれたことがありました。先日、NHKで「開拓者たち」というドラマが4回にわたり放映されましたが、あの満洲開拓とその後の戦後開拓に携わった方々の苦難をおもえば、そうした歴史がなぜにいまだに繰り返されるのか、と思います。

また、話変わりますが、現代のこの閉塞感の中で、中小企業、町工場のものづくりで頑張る「百姓」の姿が、ときどき報道されますが、これは、昔から続く百姓の底力であって、ここにこそ、歴史を切り拓いてきた/切り拓く原動力がみてとれると思います。大企業の力が大きいのは間違いないのですが、そちらにばかり陽の眼をあてることはないのであって、あまりに陽のあてられ方が少ない「百姓」に陽をあて、バランス良い経済と生活を実現することが、政治に求められていると思うのです。





 
<<4.下人

5.村は農村か

さて、先に、能登半島の輪島が「村」と呼ばれていたことを書きました。村は農村か、ということをもう少し詳しく、網野さんの説に沿って見てみます。

結論を書いてしまえば、村と呼ばれた地域の中に、農村でなく「町」のようなところがけっこうあった、ということです。江戸時代、幕府や大名が認めた町以外は、村とされ公式の行政単位とされました。このため、経済活動が盛んな地域では、町のような村がけっこうあったのです。

たとえば、周防の上関(かみのせき;先日まで、原発を作る/つくるな、で大揺れになっていました)です。ここは、正式に「村」とされていました。上関の内陸部は地方(じかた)、海辺は浦方に分かれていました。それぞれ統計によれば、百姓の内訳が次の通りでした:

     地方            浦方
農人   19        農人 12
商人   10        商人 54
廻船問屋  5        船手垰 4
鍛冶    1        船持 3
漁師    1        その他 15
百姓合計 36        百姓合計 88

地方でも、農人はほぼ半分を占めるに過ぎません。実態として、上関は農村というより町でした。

このような「村」が、瀬戸内にはたくさんあり、竹原、倉敷、下津井などもこうした「村」だったのです。江戸時代、全国を見れば、至る所にこうした「村」と呼ばれる町があったのです。

上関には、さらに水呑(上関では門男、もうと、とよばれました)がいて、下記のような職種からなっていました:

     地方             浦方
農人   98        商人 68
商人   20        船持 18
その他  17        その他 92
門男合計 135        門男合計 178

地方(じかた)も浦方も、百姓より水呑の方が数が多いです。門男は、本来、石高を持たない人々なのですが、この統計に示された農人が、どのような人々なのかはよく分かりません。その他と分類されている内には、多様な職種があって、船大工、左官、桶屋、石工、漁人、鍛冶、提灯張、張物小細工、紺屋、畳刺、茶屋、髪結などだそうです。

先の、百姓の内訳と合わせてみると、この「村」は、実態として町、都市だったといえます。こうした「村」が、瀬戸内だけでなく津々浦々に多数あったということです。





 
HOME  → NEXT
Copyright (C) 2020 エネルギー自給 寺子屋 All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]